民泊と賃貸経営の関係

外国人観光客の宿泊状況は

外国人観光客向けの宿泊施設

近年目覚しい増加を見せているのが来日する外国人観光客の数です。2,000年には476万人だった外国人観光客ですが、2015年には1,700万人を超え、東京オリンピックの開催される2020年には3,000万人を超えることが予想されています。たったの20年で6倍にも膨れ上がることになります。そこで問題となってくるのが、外国人観光客の宿泊先です。賢く賃貸経営を行うならこちら。

日本各地で外国人観光客の急増により、ホテルや旅館が不足している状況です。東京や大阪などの大都市のホテルや旅館の稼働率は過去最高の80%以上となっています。これは平日も含めた数字のため、週末などの観光客が増える時期は満室のホテルがほとんどということになります。そこで、最近では廃業していた旅館が外国人観光客向けの宿泊施設として次々に復活していますが、それでも追い付いていないのが現状です。

この深刻な宿泊施設不足をどうするのか。今注目を集めて、増えているのが「民泊」です。マンションの空き部屋や別荘など普段使っていない家や部屋を外国人観光客に対して貸し出すというもので、空き部屋問題を抱えている賃貸経営をされている方などに特に注目されています。

外国人観光客の宿泊施設不足は深刻で、2015年の1,700万人の来日だけでも、東京出張のビジネスマンが、ホテルが取れないためにネットカフェで夜を過ごすという事態が起こっているほどです。

わずか5年で約2倍の3,000万人を迎えることになる日本にとって外国人観光客の宿泊施設を確保することは非常に急務と言えます。これまでの外国人観光客の増加率から見て、5年経たずに3,000万人を超えるのではないかとも言われています。それだけニーズがあるため、民泊はこれから非常に成長が見込まれる分野です。

Copyright © 外国人観光客の宿泊状況は. All rights reserved.