民泊と賃貸経営の関係

民泊を行う上での注意点について

語学についての問題をクリアする必要

語学力を向上させることが出来たり、大きな収益を期待できたりすると注目を集めている「民泊」ですが、民泊経営を始める前には必ず注意点も知っておく必要があります。予想されるトラブルを回避したり、不必要なトラブルに巻き込まれたりしないためにも以下の注意点を念頭に置いて民泊を行うようにしましょう。

【民泊を行う上での注意点】
●語学の壁をクリアする必要がある
民泊を行うと世界中から観光客がやってきます。すべての観光客が英語を話せるとは限りません、もちろん日本語は通じないと考えたほうが良いでしょう。そんな中で予約やチェックインなどの簡単なやり取りは出来たとしても、何かの緊急事態が起こった際に意思を通わせることができるでしょうか。近隣住民から騒音などのクレームが来た際に、それを上手く伝えられますか。火事や地震などの命に関わる事態が起こった場合はどうでしょうか。事前に予想して準備をしておく必要があります。

●火災などの場合の保険関係をクリアする必要がある
火災保険などは一般住居と宿泊施設とでは条件や保険料金が異なります。民泊を行う際に保険の適用がどのようになるのかを事前に調べて、万が一の事態が発生した場合にもきちんと保障できるように整えておく必要があります。

●旅館業法違反にならないかをチェックする必要がある
日本では、金銭を受け取って不特定多数の人に宿泊施設を提供する際に適用される「旅館業法」という法律が存在します。そのため、空き部屋を外国人観光客に金銭を受け取って貸し出す際には、申請が必要になることがあります。規制緩和が進んではいますが、法律違反にならないために、事前に申請が必要かどうかをチェックするようにしましょう。

Copyright © 外国人観光客の宿泊状況は. All rights reserved.