民泊と賃貸経営の関係

民泊を行う事のメリットについて

日本人に貸し出すよりも収益が高い

日本ではあまり馴染みのない「民泊」ですが、アメリカのカルフォルニアで始まり、今では世界中の3万都市以上で利用されている宿泊方法です。では、民泊を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。民泊を行うことの具体的なメリットについて幾つかをご紹介致します。

【民泊を行うことのメリット】
●賃貸で貸し出すよりも収益が高い
民泊はホテルや旅館に泊まるよりも安い値段で宿泊できて、ホテルの予約が取りにくいエリアでも宿泊施設が確保できるというメリットが宿泊者側にもあります。また、日本の文化を体験できるので多くの外国人に注目を集めています。一泊の宿泊料金はホテルに泊まるよりも安く設定しますが、それでも賃貸で日本人に貸し出すよりも高い収益を得ることが可能です。

●需要が高いため、空き部屋対策になる
民泊は深刻な宿泊施設不足の煽りを受けて、需要がますます拡大、集客が見込まれるビジネスです。そのため、現在賃貸経営をされている方にとっては効果的な空き部屋対策となります。

●海外旅行者との交流が出来る
これからどんどんグローバル化が進むことは必至です。そのため今のうちから外国語を勉強しておきたいという方も多いことでしょう。民泊を経営することで世界中から訪れる海外旅行者と交流する機会が増えますから、語学力を伸ばし、海外に友人を作ることも可能になります。

●利用するため、物件が傷まない
家は空き部屋の状態が続くと傷んでしまいます。しかし、民泊を経営することで、常に人が出入りするため物件の傷みを防ぐことが可能です。

このように民泊には様々なメリットがあります。今のうちに民泊経営のノウハウを身に付けて、これから訪れる外国人観光客の増加を受け入れる体制を整えておきたいものです。

Copyright © 外国人観光客の宿泊状況は. All rights reserved.